ここから本文です

「一歩進んで三歩後退」2度優勝の宮里藍が感じるもどかしさ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月15日(木)11時0分配信

◇海外女子メジャー第5戦◇ザ・エビアン選手権 事前情報(14日)◇ザ・エビアンリゾートGC (フランス)◇6470 yd(パー71)

宮里藍のフォトギャラリー

メジャー昇格前の2009、11年大会を制した宮里藍は、今年のコースの状態について「とても芝が青々としている。ここは天気が変わりやすいが、18ホール通してこれだけコンディションが良いのは久しぶり」と印象を話した。

442ydの18番(パー4)など「私にとって長いホールをミスなくどう乗り切られるか」とした上で、「逆に短いパー3はしっかり攻めて、メリハリをつけて攻略したい」と意気込みを語った。

3月の「キアクラシック」では3位に入ったが、直近の2戦は37位、70位。「調子自体はずっと上向きで、手応えを感じているが、自分が先走ってしまうシーンもたくさんあり、一歩進んだり三歩後退したりという感覚」と、もどかしさを吐露。「自信はまだまだ薄っぺら。あせらず自分ができるんだという気持ちを持って最後までやれればチャンスはあると思う」と前を見据えた。

大会には野村敏京、宮里美香、横峯さくら、上原彩子も出場する。

最終更新:9月15日(木)13時12分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)