ここから本文です

ここは本当に日本なのか? 新大久保「中華風ネカフェ」は「ほとんど中国」

J-CASTニュース 9月15日(木)15時0分配信

 東京・新大久保のある「中国人向けネットカフェ」は、雰囲気だけでなくネット利用環境も中国国内並み――

【写真】パソコンも全て「中国語仕様」

 そんな情報をネットで見かけたJ-CASTニュース記者は2016年9月14日、JR新大久保駅近くにある「QQワンバー」(中国語表記は『网〓(口へんに「巴」)』で、『ネットカフェ』の意)という店舗を訪れた。

■利用方法の案内は中国語表記だけ

 新大久保駅の改札を出て徒歩1分ほど。寂れた外観の雑居ビルの4階に、目指す「中国人向けのネットカフェ」はあった。ビルの入口周辺には資材が無造作に積まれており、一見「従業員用の入口なのでは?」と考えてしまう外観だ。しかしよく見れば、「営業中」と書かれた紙が貼り出されている。

 ビルを上って店内に入り、受付の女性従業員に「すみませ~ん」と声をかけると、いきなり「日本人デスカ?」と質問された。店員は戸惑った様子だったので、「日本人でも大丈夫ですか」と尋ねると、

  「利用デキマス。デモ日本語ワカル人イナイ」

と、たどたどしい日本語で返答があった。利用方法の案内も中国語表記だけで、日本語の説明文は見当たらなかった。

 料金システムは、会員料金で6時間1000円(入会金は不要)。会員にならなくても、身分証を呈示すれば1時間あたり300円で利用できる。座席は空いている場所から好きに選ぶことが可能だが、いずれもオープンスペース。日本のネットカフェでよく見る「個室」はなかった。

 記者が入店したのは平日の正午過ぎ。約70席の店内には20人以上の客がおり、いたる所で中国語が飛び交っていた。大きな声で楽しげに談笑しているグループ客の姿も目立ち、タバコを吸いながら店内を歩く人も。なかなか猥雑な雰囲気だ。

 店内で注文できる食事メニューは、韓国のインスタントラーメンやレトルトの中華料理など。従業員の身振りを交えたカタコトの説明によれば、近くの中華料理店の店員が配達注文の売り込みにやってくるときもあるそうだ。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)15時40分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。