ここから本文です

蓮舫氏を待ち受ける「国籍問題」の余燼 民進党代表選の不気味な「票数」

J-CASTニュース 9月15日(木)16時22分配信

 民進党は2016年9月15日に臨時党大会を開き、蓮舫代表代行(48)を新代表に選んだ。蓮舫氏は1回目の投票で過半数を獲得する圧倒的な強さを見せたが、代表選開票2日前の9月13日には「二重国籍問題」で従来の説明を覆して台湾籍が残っていたことを認めたばかり。

【写真】代表決定後に手をつなぐ代表選候補者と岡田克也前代表

 党内からは代表選のやり直しを求める声が公然と上がり、蓮舫氏は投票直前のスピーチでも陳謝。前原誠司元外相(54)は、自らが代表辞任に追い込まれた06年の「偽メール事件」の教訓から、「しっかりと裏付けを取ること、見通しを甘く持たないこと」などを蓮舫氏に求めるなど、最後まで国籍問題が尾を引く代表選となった。

■第1回投票で代表の座を射止めたが...

 代表選では、投票する立場によって「票の重み」が異なり、全849ポイントのうち国会 議員に294ポイント、地方議員に206ポイント、公認内定者に118ポイント、一般党員・ サポーターに231ポイントが割り振られている。投票結果は蓮舫氏503ポイント、前原氏230ポイント、玉木雄一郎国対副委員長(47)116ポイントだった。

 内訳は、事前に郵便で投票した党員・サポーターが蓮舫氏167ポイント、前原氏52ポイント、玉木氏12ポイント、地方議員が蓮舫氏126ポイント、前原氏50ポイント、玉木氏30ポイントだった。

 これに対して党大会で直接投票が行われた国会議員と公認内定者では、蓮舫氏210ポイント、前原氏128ポイント、玉木氏74ポイントだった。どの投票でも蓮舫氏は過半数を得ているものの、国会議員と公認内定者では、前原・玉木両氏の合計票数と拮抗し、メディアなどの事前予想に比べると、比較的苦戦だったことが分かる。

党内から「潔く代表選は辞退すべし」の声が公然と...

 蓮舫氏の国籍問題をめぐっては、松原仁・元国家公安委員長は14日、国籍問題を「極めて大きな問題」だとして非難。前原氏の推薦人に名を連ねている篠原孝衆院議員も14日、「二重国籍であることが判明した今は、潔く代表選は辞退すべし 説明が二転三転は代表候補者として失格」と題する記事をブログに掲載した。

 長島昭久・元防衛副大臣は、

  「今日に至っても執行部の危機感は希薄で放置のままだったので、有志議員20名の連名で代表、幹事長に対し現下の混乱を収拾するよう求める意見書を提出した」

とツイートした。

 前原氏は党大会に先だって15日午前に行われた陣営の会合で、

  「リーダーになる人はウソをついてはいけない」

などと皮肉り、投票直前の演説でも、06年の「偽メール事件」を引き合いに、

  「あの教訓は、しっかりと裏付けを取ること、見通しを甘く持たないこと、すべての情報を開示すること、そして、国民の前で真摯であること。これが私の未熟さで足らなかった。是非、蓮舫さんが代表になられたら、私の失敗の経験を生かしていただきたい」

などとクギをさした。

 一方の蓮舫氏は、前原氏に先立つ演説で、

  「今回、私の不確かな記憶や発言で、本当にご迷惑をおかけしたことをお詫びしたい」

と改めて陳謝。

  「17歳の時に、日本人を自らの意思で選択した。それ以後、この国のために、日本のために何かをしたいという思いで、今日まで日本人であるということを誇りに思い、我が国を愛している」

などと改めて理解を求めた。

 蓮舫氏は当選後のあいさつで「力を貸してください」と呼びかけたが、これで「ノーサイド」となるかどうかは未知数だ。

最終更新:9月17日(土)9時58分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。