ここから本文です

<東京ゲームショウ2016>国内最大のゲーム展示会が開幕 “本命”PSVR発売でようやく“VR元年”なるか

まんたんウェブ 9/15(木) 10:02配信

 国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」(主催・コンピュータエンターテインメント協会)が15日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕した。10月に発売を控えたプレイステーション(PS)4用のヘッドマウントディスプレー(HMD)「プレイステーション(PS)VR」を筆頭に、各社ともVR(仮想現実)を意識したコンテンツを用意して、新しいゲーム体験をアピールする狙いだ。

【写真特集】業界VIPやコンパニオンも登場したゲームショウ開幕式の様子

 既にVR体験ができるツールやコンテンツは発売されているが、プロモーションやコンテンツ不足もあり、苦戦している。今回は、初めてVRコーナーを設けたほか、話題性もありコンテンツもそろえたPSVRに期待がかかる。また同日から値下げをした新型PS4に加え、11月10日に発売されるハイエンドモデルの「PS4Pro」も注目を集めそうだ。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲームの展示会で、今年で26回目。過去最多だった2015年の480社を大幅に上回る614社が出展し、うち海外企業は345社と半数以上を占めた。年末商戦の売り込みを狙った最新ゲームなども1500タイトル以上が展示され、タレントや声優らが出演するステージイベントなども開かれる。

 あす16日までは関係者向けのビジネスデーで、17、18日の週末は一般公開日となる。入場券は一般(中学生以上)1200円(前売り1000円)、小学生以下は無料。会期中に23万人の来場者を見込む。

最終更新:9/15(木) 15:07

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]