ここから本文です

〔熱中症〕8月は21383人搬送・24人死亡 総務省消防庁まとめ

レスキューナウニュース 9月15日(木)1時0分配信

総務省消防庁は13日、2016年8月の熱中症による救急搬送状況(確定値)を公表しました。
8月における全国の救急搬送者数は21383人で、前年と比べて2542人減少しています。
傷病の程度別では、初診時において死亡が確認された人は24人、3週間以上の入院加療を必要とする重症者は469人でした。
年齢別では、満65歳以上の高齢者が10830人と、搬送者全体の50.6%を占めています。
都道府県別人口10万人当たりの救急搬送者数は、熊本県(39.00人)が最も多く、次いで鹿児島県(35.97人)、長崎県(31.57人)の順となっています。
熱中症の予防のためには、こまめに水分補給を行うなどの対策が必要です。同庁のWebサイトでは、熱中症の予防啓発コンテンツを設置し、熱中症への警戒を呼び掛けています。

◆総務省消防庁|熱中症情報
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html

■熱中症による全国の救急搬送状況(2016年8月・確定値)
・救急搬送者数:21383人 ※前年同期比2542人減

<日別>
・8/1 (月):823人
・8/2 (火):682人
・8/3 (水):678人
・8/4 (木):884人
・8/5 (金):1034人
・8/6 (土):1351人
・8/7 (日):1297人
・8/8 (月):1059人
・8/9 (火):1101人
・8/10(水):826人
・8/11(木):723人
・8/12(金):699人
・8/13(土):692人
・8/14(日):577人
・8/15(月):552人
・8/16(火):588人
・8/17(水):878人
・8/18(木):899人
・8/19(金):1017人
・8/20(土):851人
・8/21(日):915人
・8/22(月):535人
・8/23(火):513人
・8/24(水):450人
・8/25(木):614人
・8/26(金):504人
・8/27(土):167人
・8/28(日):122人
・8/29(月):154人
・8/30(火):72人
・8/31(水):126人

<傷病の程度別> ※初診時の状況
・死亡 :24人(0.1%)
・重症 :469人(2.2%)
・中等症:7131人(33.3%)
・軽症 :13624人(63.7%)
・その他:135人(0.6%)

<年齢別>
・18歳未満:2510人(11.7%)
・18~65歳:8043人(37.6%)
・65歳以上:10830人(50.6%)

<都道府県別人口10万人当たりの救急搬送者数>
・北海道 :9.01人
・青森県 :16.89人
・岩手県 :16.56人
・宮城県 :14.61人
・秋田県 :24.44人
・山形県 :15.76人
・福島県 :17.35人
・茨城県 :15.76人
・栃木県 :10.89人
・群馬県 :16.98人
・埼玉県 :14.10人
・千葉県 :11.84人
・東京都 :8.68人
・神奈川県:9.39人
・新潟県 :20.13人
・富山県 :14.43人
・石川県 :18.19人
・福井県 :16.90人
・山梨県 :12.93人
・長野県 :12.53人
・岐阜県 :16.29人
・静岡県 :14.59人
・愛知県 :16.93人
・三重県 :18.56人
・滋賀県 :18.40人
・京都府 :25.13人
・大阪府 :17.07人
・兵庫県 :21.40人
・奈良県 :22.20人
・和歌山県:28.43人
・鳥取県 :23.18人
・島根県 :20.89人
・岡山県 :31.21人
・広島県 :22.74人
・山口県 :25.20人
・徳島県 :22.62人
・香川県 :22.42人
・愛媛県 :23.67人
・高知県 :28.55人
・福岡県 :18.48人
・佐賀県 :25.32人
・長崎県 :31.57人
・熊本県 :39.00人
・大分県 :25.80人
・宮崎県 :28.52人
・鹿児島県:35.97人
・沖縄県 :18.83人

レスキューナウ

最終更新:9月15日(木)1時0分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。