ここから本文です

ソフトB再奪首!内川5安打に工藤監督「今日はスーパーウッチー君」

スポニチアネックス 9月15日(木)5時35分配信

 ◇パ・リーグ ソフトバンク13―0楽天(2016年9月14日 コボスタ宮城)

 ソフトバンクが14日、楽天に13―0で大勝し、日本ハムがオリックスに敗れたため、6日ぶりに首位を奪回した。ゲーム差はなく、勝率で上回った。4番の内川聖一内野手(34)が初回から3回までに3打席連続適時打。3年ぶりの5安打を記録し、打線も3回までに先発全員安打で、今季最多の19安打をマークした。最短で17日に優勝マジックが再点灯する。日本ハムとともに残り試合は13。リーグ3連覇に向け、し烈なデッドヒートは最後まで続く。

 最後まで容赦はしなかった。13点リードの9回無死。内川は青山から中前打を放った。13年5月19日の中日戦(ヤフオクドーム)以来3年ぶり、自身3度目となる1試合5安打。打率も再び3割に乗せた。4番&主将にけん引され、チームも今季最多の19安打。7回に46分間の中断をもたらした猛烈な雨のように、杜の都に猛打の雨あられを降らせた。

 「意味のあるヒット、単純に多く打つよりタイムリーになるヒットを打ててよかった」

 3回までに試合の流れを決めたのも、内川だった。1点を先制して迎えた初回1死二塁で、「高めのボール球だけど、うまく打てた。よし、よし、よし!」と右前適時打。2回には打者11人7安打の猛攻で6点を加え、内川も1死一、二塁から右前打を放った。3回無死一、二塁では左前打。初回から3打席、3イニング連続タイムリーで楽天投手陣を蹴散らした。続く松田が左越え二塁打を放って、3回途中で先発全員安打。14試合ぶりの2桁得点と爆発した。

 胸突き八丁、シーズン最後の直線勝負。リーグ3連覇を目指す男たちは何をすべきかを十分に心得ている。仙台への移動日だった12日夜。選手会の呼び掛けで選手だけでなく、工藤監督、コーチら全員が市内の焼き肉店に集まった。決起集会。冒頭で工藤監督、締めは長谷川選手会長、本多らがあいさつ。内川も「残り試合は少ない。その結果で1年間やってきたことが決まる。悔いのないよう、全部出し切ろう!」と主将として熱く訴えた。思いは一つ。最後は松田の音頭で、昨季3度の祝勝会で使った合言葉「全員!熱男!」を絶叫した。最大11・5ゲーム差をひっくり返され、2位に甘んじる現状を打開しようと必死だった。

 「今日は“スーパーウッチー君”が出てくれた。決起集会でも、みんなの前で話してくれたことが良かったよ。一致団結というか、いい攻撃だった」。工藤監督は目を細めた。降雨による長い中断が明けた午後9時半すぎ、日本ハムが大敗したとの報が届いた。8日以来となる首位の座を奪回。しかし、ゲーム差はなく、その差はわずか2厘だ。15日の勝敗で再び順位が入れ替わる激戦に変わりはない。

 「1厘でも勝率の高い方が優勝する。残り13試合、一試合一試合勝つことが大事」。指揮官には、油断もおごりもなかった。 (福浦 健太郎)

 ≪最短17日M点灯≫ソフトバンクが首位再浮上。最短で17日に優勝マジックが再点灯する。日本ハムが15日オリックス戦と17日ロッテ戦に連敗しソフトバンクが17日オリックス戦に勝てばM10となる。

最終更新:9月15日(木)19時47分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]