ここから本文です

アシャカダイキなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 9月15日(木)19時42分配信

 今週土曜日(9/17)の中山でデビューする注目の2歳馬について、管理する各調教師のコメント。

中山5R 芝1800m
アシャカダイキ(牝2・美浦・鈴木伸尋 父スマートファルコン 母レツィーナ 母父キャプテンスティーヴ)について、鈴木調教師。
「函館でゲート試験に合格して、追い切りも結構やってきています。父がダートで活躍したスマートファルコンですが、兄のヴェラヴァルスター(青葉賞3着)など、兄弟は芝でも走っていますし、芝コースで走らせた時も良い感じでした。雨が降って渋った芝コースにも入れましたが、ノリ(横山典騎手)も上手に走っていると言っていました。1週前追い切りも動きましたが、今週(9/14)も先週と同じくらいの時計でしたし、動きも良かったです。乗り手の指示にも従順ですし、乗りやすい馬です。芝の1800m~2000mくらいの距離が良さそうですね」

中山6R 芝1200m
ミッキークルソラ(牝2・美浦・菊沢隆徳 父ダイワメジャー 母クルソラ 母父Candy Stripes 半姉に桜花賞2着、オークス3着のクルミナル)について、菊沢調教師。
「クルミナルやオープンで走っているピオネロの下になりますが、父がダイワメジャーに替わって兄姉とはタイプが違いますね。日曜日に芝1600mの牝馬限定のレースがありましたが、紛れのある中山のマイルより1200mの方が競馬がしやすいと考え、このレースにしました。2週前追い切りに乗ったノリさん(横山典騎手)は、好感触を得てくれました。先週、今週は息を整える程度でしたが、今週(9/14)軽く仕掛けた時の反応も良く、フットワークも上々でした。仕上がりも良さそうです。1200mの馬というわけではないので、先を見越した競馬をしてもらえればと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:9月15日(木)19時42分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]