ここから本文です

サブちゃんが転倒し入院!

リアルライブ 9/15(木) 11:58配信

 演歌歌手の北島三郎が頸椎症性脊髄症の治療のため、都内の病院に入院していることを各スポーツ紙が報じた。

 報道をまとめると、8月末に都内の自宅で転倒し、手足などがしびれる持病の頸椎症性脊髄症が悪化。今月3日に茨城・水戸市で行われた恩師・船村徹氏のイベントにゲスト出演した際も車椅子姿で登場。8日から11日まで福岡県・博多座で開催されたコンサートも電飾付きの椅子を特注し「座ったままですみません」とショーをこなしたという。

 10月5日に都内のホテルで「芸道生活55周年感謝の宴」を開催するが、それまでにきちんと治療しようということで、12日から入院。「頸椎症性脊髄症」と診断されたという。1週間から10日ほどで退院できる見込みだが、入院のため、21日の秋田、23日の岩手公演は来年2月に延期された。

 「1、2週間の入院ならば、症状が軽いはず。重い場合、運動障害などを引き起こすので、一度、きちんと静養しておいた方が今後も元気に活動できるはず」(医療関係者)

 北島は13年を最後に紅白歌合戦を卒業。その後は、昨年のNHK「思い出のメロディー」に歌手兼総合司会の立場で出演。当時の年齢が78歳で、同番組最年長となる司会をつとめるなど、相変わらず、NHKへの貢献度は絶大だ。

 「北島が卒業しての2年間、紅白に関しては『やはり、御大がいないと現場がしまらない』という声が紅白の関係者からあがっている。北島は『後輩たちに道を譲りたい』という意向で紅白を卒業。その意向に従うと、白組での出場は難しそうだが、スペシャルゲストという形ならば可能なのでは。今年はリオ五輪の金メダリストたちの出演が予想されるが、そこに花を添えるのは北島の『まつり』しかない」(レコード会社関係者)

 再び紅白で元気な姿が見たいものだ。

最終更新:9/15(木) 11:58

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]