ここから本文です

前駐韓米軍司令官、北の核放棄は「統一まで望めない」

WoW!Korea 9月15日(木)9時47分配信

ウォルター・シャープ前駐韓米軍司令官は14日(現地時間)、「朝鮮半島が統一するまで、北朝鮮が核を放棄することはないだろう」と述べた。

 ウォルター・シャープ前司令官はこの日午前、チョン・セギュン議員とおこなった前駐韓大使-駐韓米軍司令官懇談会で、「”regime change”(政権交代)が北核阻止の唯一の方法」と明かしたとし、チョン・ジンソク セヌリ党院内代表がこれを記者陣に伝えた。

 チョン院内代表は昼食会の席で「北朝鮮は現在、決められた手順の通りに進んでいる」とし、「現在用意されている坑道で、6次・7次核実験をいくらでも強行することができる」と予想した。

 なお、この日の懇談会でシャープ前司令官をはじめとする前職駐韓米軍関係者らは、THAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)配置の必要性を改めて強調したと伝えられている。

最終更新:9月15日(木)9時47分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。