ここから本文です

ついにEVFを内蔵! キヤノンの最上位ミラーレス一眼「EOS M5」登場

アスキー 9月15日(木)13時0分配信

キヤノンがミラーレス一眼の上位モデル「EOS M5」を発表。EVFを内蔵した本格撮影ができる製品となっている

 キヤノンは9月15日、ミラーレス一眼「EOS M5」を発表した。11月下旬発売予定で、ボディーのみの税抜直販価格は11万2500円。
 
 同社ミラーレス一眼「EOS M」の最上位モデルに位置する製品で、EOS Mシリーズでは初めて「Dual Pixel CMOS AF」を搭載。1画素にフォトダイオード2つを搭載することで、位相差AFのみで高速な合焦が可能だ。
 
 センサーのスペック自体は従来機の「EOS M3」と同じで、APS-Cサイズの有効2420万画素となっている。
 
 AFは、奥行き方向に動く被写体の位置を予測し、フォーカスを合わせる機能を追加。また、最新の画像処理エンジン「DIGIC 7」を採用することで、追従性を強化している。
 
 連写速度はAF追従で秒間7コマ、固定で約9コマとなっており、従来機(EOS M10)の秒間4.6コマより高速になっている。
 
 感度は常用でISO 25600までの設定が可能。画質処理では、小絞り時の回折ボケの補正や暗部の補正などが進化している。
 
 本体には電子式手ブレ補正機能を搭載しており、一部の手ブレ補正内蔵レンズと連動してブレを補正する「コンビネーションIS」が利用可能だ。
 
 さらに、本機は3段階で調整可能な流し撮り機能も搭載するが、対応レンズでは流し撮り撮影時の補正にも対応。背景だけをしっかり流した写真を撮影できる。
 
 EVFを内蔵するのも特徴だ。約236万画素の有機ELパネルを採用し、アイセンサーも装備する。背面液晶モニター(3.2型、162万画素)はタッチパネルとなっており、EVFとの組み合わせ動作もできる。
 
 具体的にはタッチパッドのような役割を果たし、たとえばEVFを覗きながらフォーカス位置の変更をタッチ操作で行なえる。
 
 その際、モニター全体をタッチエリアにできるし、右半分、左半分というようにタッチエリアを限定することも可能だ。
 
 レンズキットは、「EF-M15-45 IS STM」が付属するキットが12万7500円(税抜直販価格。以下同)となっている。
 
 また、同時発表の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150 IS STM」が付属するキットが15万7500円、このEF-M18-150レンズと「EF-M28 マクロ」が付属する「クリエイティブマクロ ダブルレンズキット」が18万7500円となる。なお、EF-M18-150 IS STM単体の価格は6万8000円だ。
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:9月20日(火)15時58分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]