ここから本文です

橋之助 釈明会見で「不徳の致すところ」連発 文春の不倫報道受け

デイリースポーツ 9月15日(木)5時59分配信

 歌舞伎俳優の中村橋之助(51)が14日、都内のホテルで会見を開き、15日発売の週刊誌「週刊文春」で報じられた30代女性との不倫報道について釈明した。橋之助は、女性との関係について、ひたすら「私の不徳の致すところ」と連発。男女の関係にあったことを否定しなかった。また、妻でタレントの三田寛子(50)からは「きつくきつく叱られました」と明かした。

 歌舞伎俳優と芸能人の夫婦として、理想と称されていた橋之助夫妻に大きな亀裂が走っていた。「週刊文春」によると、橋之助のお相手は京都・先斗町の芸妓で、8月下旬には数回、都内のホテルで密会したという。

 急きょ会見を行った橋之助は、女性との関係について「不徳の致すところ」と連発。男女関係にあったことを否定せず、暗に認める形となった。

 相手の女性は「文春」の報道通りと認め、「初めてお目に掛かったのは20年以上前ですかね…」と説明。妻の三田とも面識があるといい、三田からは「大変きつく、きつく叱られたということです。時間を忘れるぐらい」と声を絞り出した。

 橋之助は10月2日から東京・歌舞伎座で行われる「芸術祭十月大歌舞伎」をもって、歌舞伎界の大名跡である八代目中村芝翫を襲名するだけに「家内もご迷惑をお掛けした方におわびの最中だと思います」と謝罪に奔走していると明かした。

 会見にあたっては、三田に「大きな名跡を継ぐに当たって、あなたの認識が足りないんじゃないですか?芸には女性が肥やしであるというのは、決してうちでは認識していないし、甘い覚悟を持ってはいけない」と言い聞かされたという。離婚の危機かには「そういうことはないと信じていますが…」と、目を潤ませながら話した。3人の息子にも報道について話したという。

 女性とは現在は連絡を取っていないといい「ちょっと度が過ぎたと思っている。謝りたい」と反省の意を示した橋之助。女性とホテルの同室に入ったことなどは認め、「今後はそのようなことはないように」とした上で、「芸道に精進して、皆さまにいい舞台をお見せするのが、僕にできること」と襲名披露興行に集中することを誓っていた。

最終更新:9月15日(木)5時59分

デイリースポーツ