ここから本文です

<豊洲市場>盛り土問題で江東区長「東京都に不信感」

毎日新聞 9月15日(木)1時29分配信

 東京都江東区の豊洲市場の主要な建物下に土壌汚染対策の盛り土がされていなかった問題で、同区の山崎孝明区長は14日の定例記者会見で「都から『全面的に土壌を入れ替えた』と報告を受けていたが、あのような工事とは聞かされていなかった。不信感を抱いている」と述べ、都の対応を厳しく批判した。

 これまで都が区に示した豊洲市場の図面について、山崎区長は「平面図だけで立体図はない。だから、下に空洞があるのは分からなかった」と説明した。問題発覚後も「都から報告も何もない。きちんとした回答を持ってこないと失礼だ」と語った。【野島康祐】

最終更新:9月15日(木)1時29分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。