ここから本文です

ネクスト、Web広告運用をインハウス化~Yahoo! プロモーション広告のAPI利用し、運用を刷新

MarkeZine 9/15(木) 15:10配信

 不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営するネクストは、ヤフーからYahoo! プロモーション広告のAPI提供を受け、10月よりWeb広告運用を開始する。同時に、ROI向上を実現する独自システムの開発を進め、Web広告運用のインハウス化を進める。

 今回、ヤフーより提供を受けるAPIは、Yahoo! プロモーション広告を出稿する企業が、広告運用の自動化、効率化を実現するためのもの。これまで、主に広告代理店に対して提供されてきたが、ネクストは広告を出稿する事業運営会社として、同APIを利用したWeb広告運用を開始する。

 同社では、すでに一部のWeb媒体からAPIの提供を受けて、Web広告運用を自動化する独自のシステム(コードネーム:Charlie)を開発してきた。今回、さらなる効率化と最適なコミュニケーションの実現を目指して、Yahoo! プロモーション広告のAPIの提供を受けるに至った。今後は、Yahoo! プロモーション広告の広告出稿に関わる一連の業務もCharlieに実装し、Web広告運用のインハウス化を進める。

 なお同社は、インハウス化により次のメリットを見込んでいる。

・Web広告運用のROI向上:CharlieによるWeb広告運用の完全なインハウス化を実現した場合、関連業務の工数削減や、運用改善スピードの向上などにより、Web広告運用業務全体で10%程度のROI向上を見込んでいる・ノウハウの社内蓄積とマーケターのクリエイティビティ向上:広告代理店に委託していた一部業務をCharlieに組み込むことで、Web広告運用のリアルな知見を自社内に蓄積。ノウハウを活用して改善サイクルを高速でまわす過程で、自動化可能なタスクを見つけ、マーケターがより高度なクリエイティブワークに集中できるようにすることで、クリエイティビティの向上を図る・1to1コミュニケーションの実現:CharlieとCRMを自社内で直接連携することで、ユーザー一人ひとりのニーズに添った広告メッセージを出しわけることが可能となる

最終更新:9/15(木) 15:10

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。