ここから本文です

クラウド事業者3社がデータの分散保存を実現、エーティーワークスにストレージ提供

Web担当者Forum 9月15日(木)15時16分配信

IDCフロンティア、さくらインターネット、ニフティのクラウド事業者3社は、連携してデータ分散保存の仕組みを実現した、と9月15日発表した。分割したデータを異なるクラウド事業者のデータセンターに安全に保存できる。サーバーサービスのエーティーワークスが展開するデータ保存専用サーバー機器「Store-Box Air」に各社のオブジェクトストレージを提供し、同社が9月28日に展開を始める。オブジェクトストレージは、データをオブジェクトという単位で扱う方式で、データのサイズや数の制限がなく、大容量データの保存に適している。

中小企業を対象にする。個人のプライバシーに関わるマイナンバーなどのデータや監視カメラの映像など、慎重な扱いが必要な秘匿性の高いデータが増加する中、継続して保管し続けるコストを低減する。Store-Box Airは、オフィス内に設置するデータ保存専用の小型サーバーとなり、機密情報や企業の重要なデータをクラウド3社の国内データセンターのストレージに分散して保存する。一定数以上の分割データをそろえないと元データの情報が得られない秘密分散技術を使って3分割し、2つ以上なければ復元できない。月額約3万円で提供する。

最終更新:9月15日(木)15時16分

Web担当者Forum

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。