ここから本文です

レアル・マドリーFWモラタ、劇的逆転弾にも謙虚「時にフットボールは不公平なんだ」

GOAL 9月15日(木)12時16分配信

レアル・マドリーのFWアルバロ・モラタは、14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・第1節、スポルティング・リスボン戦での劇的な勝利に喜んでいる。

昨季のCL王者レアル・マドリーはホームにスポルティングを迎え、欧州で12度目の戴冠を目指す。後半アディショナルタイムまで1点のリードを許す厳しい展開だったが、終了間際に2点を叩き込み、劇的な勝利をつかみ取っている。後半途中から出場し、決勝点を挙げたモラタはスポルティングにとってやや残酷な結果となったことを認めた。

「時々フットボールというのは不公平なんだ。今日僕らが正しい戦いができたかはわからない。でも勝利できたことが重要だ。僕らはグループリーグの1位突破を目指すよ」

CL初戦に勝利したレアル・マドリーは27日、第2節でドルトムントと対戦する。

GOAL

最終更新:9月15日(木)12時16分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。