ここから本文です

ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

インサイド 9月15日(木)12時37分配信

ブシロードとグリーは、IPコンテンツを活用したスマホ向けゲームを始めとしたアプリの共同開発やコンテンツビジネスにおける協業を目的に、資本業務提携を締結したと発表しました。

今回の提携により、「ヴァンガード」などを擁するブシロードのコンテンツ育成、成功へのノウハウと、グリーの持つSNSやソーシャルゲームの開発・運営能力を合わせることで、さらなる事業の拡大を図るとのこと。

なお、グリーの100%子会社であるポケラボとブシロードの共同開発によるスマホ向けアプリ『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』が先日発表されています。

提携に関し、ブシロード代表の木谷氏とグリー代表の田中氏よりそれぞれコメントが寄せられています。

株式会社ブシロード 代表取締役社長 木谷高明のコメント

ブシロードはカードゲーム(TCG)を中心にアナログでの運営ノウハウを強みにし、さらにデジタル分野およびグローバル化に力を入れています。そのため、日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービスを牽引し、また携帯電話・スマートフォン向けのゲームでも高い技術力と運営実績を持つグリーグループとの提携はその勢いを加速できるものと考えています。また、この資本業務提携により、これまで単独では成し得なかった新しいコンテンツやサービスなどエンターテインメントをより多くの皆様にお届けできることを期待しています。
グリー 代表取締役会長兼社長 田中良和のコメント

数々の魅力的なIPコンテンツを創り育てて来られた実績とノウハウをお持ちのブシロード社との提携はグリーにとって非常に重要な事だと考えています。1兆円市場にもなろうとしているモバイルゲーム市場において、新しいゲームを作ることのみならず、総合エンターテインメントとして、多くのお客さまに長く・広く・深く楽しんでもらえるコンテンツの開発や運営が求められています。両社が持つ強みを発揮して、ゲームコンテンツを中心としたより愛されるエンターテインメントを皆さまにお届けしていきます。

最終更新:9月15日(木)12時37分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。