ここから本文です

「嵐」チケット5枚転売で逮捕の女 ジャニーズ系では有名な要注意人物

J-CASTニュース 9月15日(木)18時42分配信

 アイドルグループ「嵐」のコンサートチケット5枚を転売したとして、香川県のブリーダーの女(25)が古物営業法違反(無許可営業)の疑いで2016年9月14日に北海道警察に逮捕された。

 チケットの転売といえば16年8月23日に、国内アーティスト116組と国内24の音楽団が「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明を発表したばかり。その中に「嵐」も含まれているため、警察もとうとう転売撲滅に本腰を入れたとネットで歓声が挙がったが、この女の素性が明らかになるにつれ、事態はそんなに単純なものではないことが分かってきた。

■日本一難しいチケットの入手経路は

 J-CASTニュースが16年9月15日に北海道警に取材したところ、事件はこんなあらましだった。女は15年11月4日から12月20日にかけ4回にわたりインターネットサイトを使って札幌市の女性など3人に「嵐」のコンサートチケット5枚を販売した。道警保安課やサイバー犯罪対策課の合同捜査で、古物営業法違反(無許可営業)の疑いで16年9月14日午前に逮捕した。

 朝日新聞などの報道によれば、チケット5枚の販売価格は計7万円。チケットは交換サイトで入手したという。この他にも、14年10月から16年4月にかけ、「嵐」などのコンサートチケット約300枚を全国31都道府県の人に転売し、1000万円を売り上げた疑いがあるという。

 個人が不要になったチケットをネットオークションなどで販売するのは違法行為ではないが、組織的に高値で大量のチケットを転売する、いわゆる「転売屋」行為に対する反発は強く、先頃、アーティストや音楽団体が転売撲滅に向け共同声明を出したばかりだ。そのため、今回の逮捕では、

  「転売屋ザマーwwwwwwww」

などとネット上で歓迎の声も挙がった。

 一方で、腑に落ちない点が多々あるとして首をひねる人も現れた。この女は5枚の「嵐」のチケットを入手していて、さらに「嵐」を含む300枚ものチケットを販売したとするなら、その入手経路は何か、ということだった。「嵐」のファンクラブ会員数は190万人いて、チケットを入手するのは日本一難しいとされているからだ。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)19時28分

J-CASTニュース