ここから本文です

【タイ】プーケット空港の新ターミナル、きょう開業

NNA 9月15日(木)8時30分配信

 タイ南部のプーケット国際空港の新旅客ターミナルビルが、きょう15日に正式開業する。予定より3カ月遅れての開業となる。14日付バンコクポストなどが報じた。
 同空港のモンルディー・ゼネラルマネジャーは13日、7カ月間の試験運用の結果、正式開業に問題はないと判断したと明らかにした。航空会社35社が運航している既存の国際線が全て新ターミナルに移転。混雑解消が期待されている。
 新ターミナルは、事業費51億4,000万バーツ(約150億円)の空港拡張計画の一部として24億5,000万バーツを投じて建設。4階建てで、総床面積は7万2,338平方メートル。年間の旅客収容能力は500万人。同空港の年間の旅客収容能力は1,250万人になる。
 タイ空港公社(AOT)によると、1~7月の同空港の旅客数は前年同期比19.7%増の894万人だった。

最終更新:9月15日(木)8時30分

NNA