ここから本文です

造形高さ最大280mmに対応するデルタ型3Dプリンタを発売

MONOist 9月15日(木)6時55分配信

 サンコーは2016年8月22日、造形高さ最大280mmに対応する、デルタ型(Rostock型)3Dプリンタ「3Dグレコ」を発売した。

【その他の画像】

 外形サイズは幅310×奥行き280×高さ670mmで、重さは約6kg。デルタ型はボックス型などに比べて省スペースのため、卓上に置くことができる。また、オープンフレーム構造を採用し、さまざまな確度から造形物の確認が可能。本体のメンテナンスも容易だ。

 積層ピッチは0.1~0.2mm、ノズル径は0.4mmで、プリントスピードは20~60mm/s。直径160×高さ280mmの造形エリアサイズに対応する。熱溶解積層方式を採用し、フィラメントタイプはPLA/ABSに対応。USBおよびSDカードのインタフェースを備え、PCがなくてもプリントができる。

 価格は5万9800円で、ACアダプターとUSBケーブルが付属している。

最終更新:9月15日(木)6時55分

MONOist