ここから本文です

イギリスのEU離脱、企業の51.3%が「マイナスの影響がある」

レスポンス 9月15日(木)8時34分配信

帝国データバンクは、イギリスのEU離脱に関する企業への影響について調査を実施した。

[関連写真]

調査期間は8月18日~8月31日で、調査対象は全国2万3700社。有効回答企業数は1万508社で回答率は44.3%だった。

調査結果によると、企業の9.2%がイギリスまたは欧州連合(EU)加盟国に進出している。販売拠点や現地法人の設立など直接的な進出は1.9%で、業務提携や輸出入など間接的な進出が7.5%。

規模別では、大企業ほど直接進出する傾向が高い。業界別では、「製造」、「卸売」が上位を占めるが、直接進出では「金融」がトップとなっている。

進出先では、「ドイツ」が35.9%でトップだった。次いで「イギリス」が31.5%、「フランス」が23.3%、「イタリア」が21.4%と続く。進出企業のうち、検討・予定している移転先では「アジア地域」が2.9%で最も高い。次いで「EU域内(具体的な移転先は未定)」が1.6%、「イタリア」が1.5%。

現在イギリスに直接進出している企業では、「EU域内(具体的な移転先は未定)」が7.7%で最も高く、「ドイツ」「フランス」「アジア地域」「北米・中南米地域」が同率の3.8%が続き、「EU域内」を検討・予定している企業は合計で12.8%だった。

企業の51.3%がイギリスのEU離脱で日本経済に「マイナスの影響がある」と認識している。自社の企業活動に対しては、「影響はない」が62.6%と最多で、「マイナスの影響がある」は9.4%にとどまるが、イギリスに直接進出している企業では46.2%がマイナス影響を懸念している。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月15日(木)8時34分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]