ここから本文です

【ボクシング】王者・山中慎介が計量パス、完全決着に自信

イーファイト 9月15日(木)14時47分配信

 9月16日(金)エディオンアリーナ大阪第1競技場で開催される『ワールドプレミアムボクシング24』の前日計量が、15日(木)府内で行われた。

【フォト】計量台の上で笑顔を浮かべた山中

 WBC世界バンタム級タイトルマッチで11度目の防衛戦に臨む王者・山中慎介(帝拳ジム)はリミットちょうどの53.5kgで計量をパス。対する挑戦者・同級1位アンセルモ・モレノ(パナマ)は100gアンダーの53.4kgでクリアー。計量を終えた山中は「コンディションは最高」と仕上がりの良さをアピールした。

 昨年9月に対戦した両選手。この時は判定2-1で山中が9度目の防衛を達成した。この試合について、モレノから「自分は負けていなかった」との発言があったが、山中は「勝ってもいないですよ」と一蹴。「厳しい試合になると思うが、勝つ自信はあります。はっきりと自分が勝てたと分かる試合にしたい」と完全決着に燃えた。

最終更新:9月15日(木)14時47分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。