ここから本文です

高性能なアーク溶接用ケーブル内蔵ロボットを発売

MONOist 9月15日(木)7時55分配信

 ダイヘンは2016年8月29日、アーク溶接用ケーブル内蔵ロボット「FD-B6」を発売した。

 溶接の高品質化や高速化が追求される中、高度な溶接法ではケーブル艤装が複雑化し、ロボットに装着したケーブルやホース類が干渉したり、引っ掛かったりすることが課題だった。また溶接機にセンサーを搭載するため可搬質量アップが求められる一方で、スリム化や軽量化の要望もあり、顧客のニーズは複合化していた。

 FD-B6は、従来製品の2倍のケーブルをアームに内蔵可能。シンクロフィード溶接などの高度な溶接においても全てのケーブルをアームに内蔵できるという。また、アーム後方のケーブルをなくしたことで、干渉のない溶接ができるようになった。

 可搬質量を従来機比1.5倍の6kgとし、センサー搭載による知能化にも対応している。また、各軸の動作速度を最大15%高め、タクトタイムの短縮に貢献する。

 さらに、アームを10%スリム化したため、高密度設置も可能に。手首モータをアームに内蔵することで、治具やワークとの干渉を回避し、狭い場所でも適切な溶接姿勢を維持できる。本体質量は145kgで、従来機比7%の軽量化に成功。天吊りや壁掛けシステムでの設備導入コストを削減するという。

 各種ケーブルやエアホースを内蔵し、さまざまな先端ツールに対応。IP64相当の防塵(じん)・防滴性能を備えている。アーク溶接に加え、ハンドリング用途にも向く。

 販売予定台数は年間5000台、メーカー希望価格は390万円(税別)となっている。

最終更新:9月15日(木)7時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]