ここから本文です

「ポケモンGO」の利用動向調査。マクドナルドアプリのアクティブユーザー数が配信開始日の5倍に

ネットショップ担当者フォーラム 9/15(木) 20:11配信

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用した、「ポケモンGO」アプリの利用動向について、調査結果を発表した。

国内インストールユーザー数はInstagram超えの1,740万人

ポケモンGOのインストールユーザー数は、7月22日の配信から3日間で1,147万人を記録。驚異的な初速を見せた。

8月のインストールユーザー数を見てみると、1,738万人とさらなる伸びを見せ、国内ではInstagramのインストールユーザー数を超えている。

マクドナルドアプリのアクティブユーザー数が5倍に急増

また、配信開始当初から「ジム」として提携しているマクドナルドにも影響が見られる。マクドナルドアプリのアクティブユーザー数の推移を見ると、ポケモンGO配信開始時には約100万人だったアクティブユーザー数が、8月末には約500万人にまで増加している。

アクティブ率(=アクティブユーザー数/インストールユーザー数)も、7月22日には7.5%だったが、8月末には25.9%となり、TwitterやInstagramなどSNSアプリに迫るアクティブ率になっている。

幅広いユーザーが楽しむポケモンGO

他のアプリと比較して、ポケモンGOはどのようなユーザーに利用されているのか。性別を横軸、年齢を縦軸に取り、アクティブユーザーの分布を見てみると、ポケモンGOは他のアプリと比べ、中央に近いことが見てとれる。性年代で見ると、幅広い層に使われているアプリと言えそうだ。

また、ポケモンGOユーザーの所持ゲームアプリの数をみてみると、「1個」が約17%と最も高い。他のゲームアプリを入れず、ポケモンGOのみをインストールしているユーザーが、他のゲームアプリと比較して多いことがわる。

普段スマホにゲームアプリを複数入れていないユーザーでも、ポケモンGOはインストールしているようだ。ポケモンGOはゲームアプリの新たな顧客層を獲得できていると考えらる。

アクティブユーザー層にも変化あり

アクティブユーザーの属性の推移で、配信初週と8月最終週の属性を比較すると、性別では、女性比率が40.9%から44.5%に増加している。

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 20:11

ネットショップ担当者フォーラム