ここから本文です

日本ハム陥落11失点…背信の有原、自己ワースト被安打「14」

サンケイスポーツ 9月15日(木)7時0分配信

 (パ・リーグ、日本ハム1-11オリックス、23回戦、日本ハム15勝7敗1分、14日、札幌D)道程は平たんではない。日本ハムは11失点の完敗。投手陣が打ち込まれ、9日から守っていた首位の座から陥落した。

 「次に生かしてくれればいい。球はよくなっている。後に引きずらないようにしてほしい」

 試合終了の約1時間後。会見で栗山監督は、チームトップの10勝を挙げている先発の有原をかばった。

 疲労を考慮されて3日に出場選手登録から外れていた有原だが、一回にオリックスのD1位・吉田正(青学大)に左越え2ランを浴びるなど、いきなり3失点。六回には先頭打者から3連打を浴び、ともに自己ワーストの被安打14&8失点で降板となった。

 自身6連敗。先発が予想される22日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)へ不安を残した。右腕は「結果がすべて。高めに浮いて甘いところに入ってしまい、序盤からリズムを崩してしまいました」とうなだれた。

 「どれだけ相手が負けるかではない。どれだけ勝てるかに集中したい」と指揮官は言葉に力を込めた。首位とは勝率2厘差でゲーム差なし。激しい競り合いは続く。

最終更新:9月15日(木)8時31分

サンケイスポーツ