ここから本文です

市有地2.3ヘクタールを公売 湖西・新居文化公園西側

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月15日(木)8時5分配信

 湖西市は14日、同市新居町の新居文化公園西側にある約2・3ヘクタールの市有地を一括で公売すると発表した。商業・娯楽施設などを開設し、地域に活力を創出できる事業者への売却を希望している。

 この土地は旧新居町が1996~97年、紡績会社「鐘紡」から購入。津波の浸水想定区域にあり、現在は空き地になっている。公売の条件として戸建て住宅や工場、倉庫、畜舎などは建てられない。

 市は入札ではなく、事業内容やまちづくりへの影響も審査する「公募型プロポーザル方式」を採用。10月12~21日に公売の参加申し込みを受け付ける。資格審査を経て、11月22日から事業提案書を受け付け、再び審査する。買い受け人が決まれば、2017年3月に本契約を結ぶ予定。

 23日午後2時から現地説明会も行う。問い合わせは湖西市契約管財課<電053(576)1178>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月15日(木)8時5分

@S[アットエス] by 静岡新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。