ここから本文です

MJS、中小企業向けクラウドプラットフォームの第一弾「楽たす振込」

BCN 9/15(木) 15:15配信

 ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は、中小企業の経営・業務改善を支援するBtoBクラウドプラットフォーム「bizsky」を構築し、9月6日にプラットフォーム上で稼働する最初のクラウドサービス「楽(らく)たす振込」の提供を開始した。

 このクラウドサービスは、中小企業の仕入れや経費など振込支払業務をMJSが代行することにより、振込手数料の削減と業務効率化を支援する。今回、金融機関と信託契約を結び、信託による分別管理を行うことで、顧客から預かる振込資金がさまざまなリスクから保全される仕組みを構築した。

 具体的には、振込業務の担当者は金融機関の窓口やATMでの手続き回数を減らし、手数料を削減することができ、ファームバンキングやインターネットバンキングを利用する顧客は振込先データ作成業務の効率化を図ることが可能となる。さらに、顧客が指定する振込口座を無料で事前確認する機能を備えたことで、振込エラーの発生を抑制する。

 今後、同社は「楽たす」シリーズとして、請求書発行・給与明細配信や入金消込機能、資金繰り管理など中小企業を対象とした新たなFinTech分野のクラウドサービスを拡充し、顧客基盤の拡大を図る計画。

 価格は、振込1件あたり310円。初期費用・月額基本料は無料。オプションサービスの「請求書丸投げプラン」は1件あたり30円。なお、2017年3月31日までに申し込んだユーザーを対象に、請求書丸投げプランを3か月間無料で利用できるキャンペーンを実施する。

最終更新:9/15(木) 15:15

BCN

なぜ今? 首相主導の働き方改革