ここから本文です

【RISE】那須川天心が返り討ち宣言「1回のダウンで立たせない」

イーファイト 9月15日(木)19時7分配信

 9月25日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE113』にて、RISEバンタム級王座初防衛戦に臨む那須川天心(TARGET)が、15日(木)都内の所属ジムで公開練習を行った。

【フォト】RISEルールでは認められないヒジ打ちも見せた那須川

 2分1Rのミット打ちを披露した那須川。スピードに重みのあるパンチのコンビネーション、左ミドル、テンカオを披露しただけでなく、昨日旗揚げを発表した新キックボクシングイベント『KNOCK OUT』参戦を意識してか、ヒジ打ちも繰り出し、好調をアピールした。

「仕上がりはバッチリです。身体に厚みが出来てきてパワーアップしてるし、55kgの適正な身体になりつつあります。ウェイトトレーニングも少しずつやりながら無駄なトレーニングはしていないのでスピードも上がっています」

 8月下旬にはタイ・プーケットにあるAKAタイランドで1週間、武者修行を行い、「海外から強くなりたいという志の選手がたくさん集まっていて、一緒に練習できたことで得るものが大きかった」と満足気な様子。

 今大会では昨年5月に行われたRISEバンタム級タイトルマッチで対戦した前王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)との再戦となったが、「最近の試合を見ていて村越選手も成長していると思いましたが、それ以上に僕も経験を積んでいます。強い選手とやったり、ハイペースで試合をこなし、外国人に勝てるフィジカルトレーニングもやってきました」と自信を見せる。

「(村越には)二度とやりたくないと言わせたい。そうしないと何度でも挑戦してくるでしょう。でもあの前回の内容でもう一回やりたいと言っている理由がわからない。前回3回ダウン奪って勝ったのが悔しかったので、今回は1回のダウンで立てないぐらいにしたい」と完膚なきまでに叩き潰すと宣言した。

最終更新:9月15日(木)19時7分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]