ここから本文です

ラックスマン、半導体/真空管がサッと切り替わる高級CDプレーヤー

アスキー 9月15日(木)12時4分配信

ラックスマンが伝統的な木箱ケース入りのデザインを採用したCD専用プレーヤーの最新モデル「D-380」を発表した

 ラックスマンは9月15日、伝統的な木箱ケース入りのデザインを採用したCD専用プレーヤーの最新モデル「D-380」を発表した。発売予定は10月下旬で、価格は31万3200円。
 
 D-380は、往年の製品を彷彿とさせるロ(ろ)の字型の木箱ケースに、高音質ソースに対応する情報量豊かなデジタル+アナログ回路を搭載したCD専用設計のデジタルプレーヤーだ。半導体出力と真空管出力を好みによって手軽に切り替え可能なスイッチを装備している。半導体出力は、DACダイレクト接続による生々しい音質を実現、真空管出力は、MT管ECC82による増幅回路を高音質フィルムコンデンサーと大型出力トランスに接続し、密度感の高い濃厚な音質を実現するとしている。
 
 デジタル回路においては、TI製の32bit対応DACチップPCM5102Aを核に、システムクロックの有害な揺らぎを低減するジッターリダクションICを新たに搭載。機構設計においてもドライブメカやシャーシ構造などを一新し、デジタルプレーヤーとしての基本性能を向上させ、真空管出力の音色を際立たせたブラッシュアップ・モデルとして仕上げたという。
 
 D-380は、SACDやUSB接続によるファイル音源の再生といった最新機能には対応しないものの、CDの持つ音楽情報を存分に引き出すとしている。
 
 主なスペックは、デジタル出力がCOAX1系統、OPT1系統、アナログ出力はアンバランス1系統、アナログ出力電圧/インピーダンスは半導体出力2.1V /300Ω、真空管出力2.4V /300Ω、周波数特性は半導体出力20Hz~20kHz(+0.1、-0.2dB)、真空管出力20Hz~20kHz(+0.1、-0.3dB)、消費電力は15W。サイズはおよそ幅440×奥行き286×高さ167mm、重量は10.8kg。リモコン、電源ケーブルが付属している。
 
 
文● 山口

最終更新:9月15日(木)13時37分

アスキー