ここから本文です

ダニエル・ラドクリフ「ハリポタ」続投の可能性について言及

映画.com 9/15(木) 12:00配信

 [映画.com ニュース]英ロンドンで公演中の舞台劇「ハリー・ポッターと呪いの子」の映画化を米ワーナー・ブラザースが画策しているという噂が広がるなか、ダニエル・ラドクリフの動向が注目を集めているとハリウッド・レポーター紙が報じている。

 ドービル・アメリカ映画祭でライジングスター賞を受賞したラドクリフは、同紙にポッター役に復帰する意志があるか聞かれ、「その扉を閉じてしまうことは絶対にない」と返答。それでも、「他の役者が演じてもやっていけるし、不安になることもないと思う」と付け加えることも忘れなかった。

 「ハリー・ポッターと呪いの子」では、ポッターが37歳という設定であることから、現時点で出演するかどうか悩む必要はないとも言及。「いま、あの役を演じるには若すぎるからね。ただ、10年後だとしてもあの役に戻るのは奇妙な感じがすると思う。僕のなかには『ハリー・ポッター』には触れず、そのまま放っておいたほうがいいと思う部分がある。『ハリ-・ポッター』の続きを作るとしたら、オリジナルの『スター・ウォーズ』に対して『フォースの覚醒』のような作品に仕上がる可能性がある一方で、『ファントム・メナス』を作ってしまうリスクもあるわけだから(笑)」。

 なお、もしいま「ハリー・ポッターと呪いの子」が映画化されるとすれば、舞台劇でポッター役を演じているジェイミー・パーカーがいいのではないかともコメントしている。

最終更新:9/15(木) 12:00

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]