ここから本文です

開発プロセス効率化のソリューションを国内外企業が協調して開発

MONOist 9/15(木) 9:55配信

 図研は2016年8月25日、米Arasとパートナーシップを締結した。電気・電子設計データなどにおいて、設計から製造までのプロセスを管理する方法を協調して開発していく。

 図研は、複数拠点におけるライブラリや回路・基板の設計データ管理システム「DS-2」を、ArasはエンタープライズPLMプラットフォームとして「Aras Innovator」を提供する。双方の組み合わせにより設計情報の整合性が向上し、設計から製造までの工程の効率化が図られるという。

 具体的には、設計途中のライブラリ、設計データの管理システムをエンタープライズPLMプラットフォームに連携させるような機能を開発し提供する。これにより、IPブロックや電子部品レベルの情報など、従来は製品ごとにzip圧縮ファイルの形式でしか保持できなかったものが管理できるようになり、製品横断的なトレーサビリティの確保が可能になるという。

 両社では、2017年前半に新ソリューションのリリースを計画している。

最終更新:9/15(木) 9:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。