ここから本文です

静岡空港の8月利用16.4%減 国際線の路線縮小響く

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月15日(木)8時6分配信

 静岡県が14日までに発表した静岡空港の8月の利用状況によると、国内線と国際線を合わせた搭乗者数は前年同月比16・4%減の6万9101人だった。国内線は帰省や観光の需要を取り込んで好調だった一方、国際線は中国路線の縮小が響き、搭乗者数が前年同月より大幅に減った。

 国際線の搭乗者数は、前年同月比36・7%減の3万1702人だった。前年8月1日時点の13路線週47往復から10路線週29往復に減ったことが影響した。中国路線は上海・武漢線が同35・7%減、寧波線が同44・4%減、温州線が同52・9%減など。ソウル線と台北線はほぼ前年並みだった。

 国内線の搭乗者数は同14・9%増の3万7399人だった。鹿児島線は開港以来最多の4421人(同185・2%増)。団体ツアーなどの観光利用のほか、ビジネス利用も増加しているという。福岡線も同10・4%増だった。札幌地区の路線は、フジドリームエアラインズが利用を伸ばしたが、全日本空輸は同16・1%減だった。

静岡新聞社

最終更新:9月15日(木)8時6分

@S[アットエス] by 静岡新聞