ここから本文です

のん似の女子アマ三浦桃香、右手小指「折れていて痛い」けど笑顔

デイリースポーツ 9月15日(木)6時3分配信

 「女子ゴルフ・マンシングウェアレディース東海クラシック」(16日、新南愛知CC美浜C=パー72)

 第47回マンシングウェアレディース東海クラシックは16日、愛知県知多郡美浜町の新南愛知カントリークラブ美浜コースで始まる。将来が楽しみな女子アマが2年ぶりに出場する。三浦桃香(17)=宮崎・日章学園高3年=である。

 高校1年生だった2年前、初出場で27位タイ。能年玲奈(現在はのんと改名)似の愛くるしい顔と股下83センチのスラリと伸びた美脚が話題になった。

 この2年間、彼女はケガに悩まされてきた。168センチのバランスの取れた容姿とは裏腹に握力は50キロ。それが類いまれな飛距離を生んでいたのだが、一方で体を蝕んだ。左肘の疲労骨折に始まって右の脇腹も痛めた。

 「いまは、右の小指が折れていて痛い。でも、余分な力が入らなくていいかも」とケラケラ笑う。この日の練習ラウンドは地元中部のアマ、副田と中川と回り、愛知名物の3番473ヤード、左ドッグレッグのパー5で2オンを狙う場面も。手前の深いバンカーに入れたが、3打目をピタリと付けた。「2オン狙いは私の持ち味だし、よほどのことがない限り狙っていきたい」と笑顔を見せた。

最終更新:9月15日(木)7時54分

デイリースポーツ