ここから本文です

「ジュラシック・ワールド」は3部作としてシリーズ化!?

映画.com 9月15日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース]2015年の大ヒット映画「ジュラシック・ワールド」(コリン・トレボロウ監督)が、3部作としてシリーズ化されることになった。Latino Reviewが報じている。

 「ジュラシック・ワールド2(仮題)」の準備を進めているフアン・アントニオ・バヨナ監督は現在、最新作「A Monster Calls(原題)」が出品されたトロント国際映画祭の会見で、「『ジュラシック・ワールド』はコリン・トレボロウ監督の構想に基づいて3部作になる」と発言している。脚本執筆は前作同様、トレボロウ監督とデレク・コノリーで、2017年2月のクランクインを目指す。なお、多忙のトレボロウ監督の後任に選ばれた理由について、「『永遠のこどもたち』と『インポッシブル』がコリンのお気に入りなんだ」と強い推薦を受けての登板であることを説明した。

 「A Monster Calls(原題)」は英作家パトリック・ネスのファンタジー小説「怪物はささやく」の映画化で、少年とイチイの木の姿をした怪物との交流を描くストーリー。怪物の声をリーアム・ニーソン、少年の母をフェリシティ・ジョーンズが演じている。「ジュラシック・ワールド2(仮題)」の全米公開は、18年6月22日。

最終更新:9月15日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。