ここから本文です

ツナ缶ブランドCM活用で強化 はごろもフーズ

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月15日(木)8時12分配信

 はごろもフーズはテレビCMを活用した主力商品のツナ缶「シーチキン」のブランド強化を加速させる。若者をターゲットにした宣伝戦略が販売拡大につながっているとみて、2016年度下半期は広告宣伝費をさらに増額し、CMと連動した販促活動を強化する。

 8月下旬から、女優宮崎あおいさんを起用したCM「シーチキン食堂」の新シリーズを開始した。同シリーズは、シーチキンのブランド再強化策の一環で14年11月にスタート。同商品としては3年ぶりのCMで、同年度の広告宣伝費は前年の4倍強の10億8200万円、ことし4~6月期も前年同期比45%増とハイペースでCMを増やし続けている。

 ツナ販売額はCM量と連動する形で15年3月期からプラス転換し、16年3月期は7・9%増に伸びた。担当者は「それまで低迷していた時期もあったが、V字回復のきっかけになった」と話す。

 CMは架空の食堂を舞台に、ツナを使った季節のメニューの提案がコンセプト。放映開始後には「シーチキン食堂」のレシピ本発刊や、コンビニ、レストランなどが同食堂のメニューを実際に提供する「コラボ企画」を実施し、スーパーでは同食堂ののれんを掲げるなどCMを意識した売り場作りを進める。

 同社の担当者は「CM露出をただ増やすのではなく、スーパー、コンビニなどで食べ方を目に見える形で提案し、効果アップを図りたい」(経営企画室)と話す。

静岡新聞社

最終更新:9月15日(木)8時12分

@S[アットエス] by 静岡新聞