ここから本文です

阪神“球児代役”サターホワイト&遼馬共倒れ…2人で計3失点

デイリースポーツ 9/15(木) 6:04配信

 「阪神4-6広島」(14日、甲子園球場)

 阪神の大暗転劇の中心にいたのは、サターホワイトだった。七回に一挙3点を奪って逆転し、甲子園のボルテージは最高潮。しかし、最後は王者・広島の前に屈した。シーズンを通し、最後まで固定できなかった勝利の方程式。敗因は明らかだった。

 4-3の八回。助っ人右腕は、1死から一気に崩れ始めた。鈴木に四球を与えると、続く野間に中前打を許し一、三塁。安部に対する初球、フォークが甘く入ってしまった。

 「甘かった。自分の仕事を果たせなかったことが、悔しい…」

 完璧に捉えられ、打球は右翼・福留の頭上を越えてワンバウンドでフェンスに直撃。2走者が生還し、瞬く間に逆転を許した。さらに九回に登板した松田も、代打・ルナにダメ押しのソロ本塁打を被弾。鯉打線に飲み込まれた。

 「七、八、九回、そこで逆転されるケースが今年何回かあって。そこを投げる投手がいなかったという…。今年1年の課題」。敗戦に沈む試合後、金本監督は言葉を振り絞った。

 絶対的な存在になり得なかったマテオ、さらに2軍調整中のドリスとの来季契約は未定。球団は、抑えの適性を持つ助っ人の調査も始めているという。この日2位の可能性が完全に消滅し、16日にもCS進出の可能性が完全消滅する。最下位の中日とは0・5差。もう、虎党の悲しみに暮れる姿は見たくない。

最終更新:9/15(木) 7:35

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]