ここから本文です

野良猫のポスターが英地下鉄の駅構内をジャック! 猫愛好家グループが保護活動のため全広告枠を買い占め

ねとらぼ 9月15日(木)9時55分配信

 現地時間9月12日、イギリスのロンドンを通る地下鉄クラッパムコモン駅が、猫のポスターで埋め尽くされました。これはいったい……いや、かわいいから問題ないのだけれど。

【広告枠すべてが猫に】

 この仕掛けはロンドンの猫愛好家グループが立ち上げた、「C.A.T.S.(Citizens Advertising Takeover Serviceの略。直訳すると市民広告占領サービス)」プロジェクトの成果。ポスターは保護団体から寄せられた野良猫の写真をもとに制作されました。公共の場に掲示することで野良猫の問題を周知し、里親探しの一助となることが目的です。

 C.A.T.S.はクラウドファンディングサイトのKickStarterで約2万3000ポンド(約312万円)の資金を調達し、構内の全広告枠を買い占めたとのこと。ポスターの掲載期間は2週間の予定です。

最終更新:9月15日(木)9時55分

ねとらぼ