ここから本文です

ゴールボール連覇ならず、安達「気持ちの整理が…」

日刊スポーツ 9月15日(木)6時20分配信

<リオ・パラリンピック:ゴールボール>◇14日◇女子準々決勝

 また、金メダル候補が消えた。12年ロンドン大会で金メダルを獲得した日本が、中国に3-5で敗れ、2連覇はならなかった。

 前半2分に欠端瑛子(23)、同3分に安達阿記子(32)が立て続けに得点。その後、中国に2点を奪われ、2-2の同点で延長戦へ突入した。両チーム5人ずつ投球するペナルティースローで、日本は小宮正江(41)の1点のみ。中国の速球に対応できず3点許し、自慢の守備力も見せ場がなかった。安達は「気持ちの整理がついてない。日本のレベルも上がっているけど、それ以上に世界のレベルが上がっている。苦しい4年間でした…」。涙しながら振り返った。

 中国は12年ロンドン大会の決勝の相手であり、最大のライバル。日本は海外選手に比べ、パワーは劣るため「守り勝つ」チームを目指し、守備に重点を置いてきた。欠端は「相手の早いグランダーにやられた。(ペナルティースローで)得点も決められず、ディフェンスも崩され悔しいです」。市川喬一ヘッドコーチは「出来ればゲーム(前後半)の中で終わらせたかったというの本音です」と複雑な心境を語った。

 日本は1次リーグを2勝1敗1分けで準々決勝に進出した。強みである守備が乱れ、全試合で得点を許す結果となってしまった。

最終更新:9月15日(木)9時19分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]