ここから本文です

【阪神】サターホワイト、16試合目で初黒星「自分の仕事ができず悔しい」

スポーツ報知 9月15日(木)6時37分配信

◆阪神4―6広島(14日・甲子園)

 阪神のサターホワイトが登板16試合目で手痛い来日初黒星を喫した。

 不振の藤川に代わりセットアッパーを任されている助っ人右腕は、1点リードの8回1死から鈴木への四球をきっかけに一、三塁とされると安部に右越えに2点二塁打され逆転を許した。「スキを見せると一気にたたみかけてくるチームなので、四球を出してはいけなかった。自分の仕事ができずに悔しい」と肩を落とした。

最終更新:9月26日(月)13時49分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報