ここから本文です

放送後も止まぬ中村蒼の“宮様”フィーバー! 「せいせいするほど、愛してる」

cinemacafe.net 9月15日(木)16時30分配信

先日、第9話が放送されたドラマ「せいせいするほど、愛してる」。本ドラマは武井咲×滝沢秀明を中心に繰り広げられる物語だが、滝沢さん演じる“副社長”vs中村蒼演じる“宮沢”で、視聴者に“派閥”が生まれている現象を前回紹介した。いよいよクライマックスに近づく本作だが、どちらかというと“宮様”こと宮沢派が、テレビを前に熱い支持を送っていることが分かった。

【画像】中村蒼 「せいせいするほど、愛してる」

北川みゆきの同名人気少女コミックを原作に描く本作は、ティファニーの広報部に勤める主人公・栗原未亜(武井咲)が、自社の副社長であり既婚者の三好海里(滝沢秀明)と恋に落ちる禁断の恋愛ドラマ。そして、そこで中村さんが演じるのは、世界的ファッションブランド「JIMMY CHOO」の敏腕広報マンで、海里の最強のライバル・宮沢綾だ。

当初、ノリが良くてテンションが高く陽気で明るい関西人のイメージが強かった宮沢。そんな性格からか、未亜だけでなく周りの人とどんどん距離を縮めていくタイプ。もちろん、そのキャラクターはいまなお健在であるが、ドラマ中盤に差し掛かった辺りから、さりげない優しさと真剣に一途に未亜を大切に想う気持ちや熱い告白、真剣なまなざし、さらには第8話での決意のプロポーズシーンなど、陽気なだけではない“いい男すぎる”部分がより濃く強く表れるようになっていった。視聴者からは、そのいい男ぶりと人気で「火曜日のヒーロー」とも呼ばれ、毎週火曜日の放送を心待ちにしている女性が多いという。

そんな中迎えた前回の第9話は、海里と別れ、宮沢のプロポーズを受けることを決意した未亜。気持ちが揺らがぬうちにと、さっそく宮沢と共に未亜の母・鈴子(小林幸子)の元へ挨拶に行くことに。一方の海里も、優香(木南晴夏)と共に歩むことを決める。しかし、宮沢との結婚を控えた未亜が笑顔で退職しようとした矢先、海里の妻・優香が会社に乗り込み、未亜を訴え慰謝料を請求。2人はさらに窮地に追い込まれることに。思い悩む未亜を心配し、いつもの優しさで励まし続ける宮沢だったが、今回ついに未亜を諦めることを決断。

しかしその決断も、未亜を“死んでも幸せにする”という約束を守るため。自分を犠牲にしてまで好きな人の幸せを一番に願う、そのどこまでも優しい姿に、Twitterでは「宮沢さんの一言一言がキュンキュンしてしんどい」「宮様を全力で支えたいです」「最後まで背中を押してあげる宮沢さんがイケメンすぎる!!」と大絶賛の声が飛び交い、放送後も長期間にわたり「宮沢さん」がトレンド入りしている。

そして、来週20日(火)にはついに最終回を迎える。優香に会社中に不倫を暴露され、とある山のコテージに逃避行をした未亜と海里だったが、幸せな時間は長くは続かず、優香に足取りを掴まれ東京に連れ戻される。2人は二度と会わないことを誓い、未亜は会社を辞め実家に帰ることに。そして1年後──。山の教会で海里から貰った花の指輪を胸に抱きつつ、実家で漫然と日々を過ごす未亜だったが、偶然通りがかった小さなセレクトショップで、ティファニーのアンティークジュエリーを見つけ…? というストーリー。果たして、2人の運命はどうなってしまうのか。放送が待ち遠しい。

「せいせいするほど、愛してる」最終回は9月20日(火)22時~TBSにて放送。

最終更新:9月15日(木)16時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。