ここから本文です

ロバートが東京国際ブックフェア登場、秋山扮するキャラ6人の等身大パネルも

お笑いナタリー 9月15日(木)10時27分配信

ロバート秋山の書籍「クリエイターズ・ファイル」(ヨシモトブックス)の発売記念イベントが9月23日(金)、「第23回 東京国際ブックフェア」内で実施される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

9月23日から9月25日(日)まで東京・東京ビッグサイトで開催される「東京国際ブックフェア」は、約470の出版社が多数の本を展示・販売する催し。「クリエイターズ・ファイル」のイベントでは、ロバートの3人が登壇し、トークショーやサイン会を行う。またブースには、これまで秋山が扮してきたクリエイター6人の等身大パネルが設置されるので、気になる人は足を運んでみては。

「クリエイターズ・ファイル」は、秋山扮する架空のクリエイターが自身の仕事について語る書籍。この本を「honto」のネット通販および丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのhontoサービス実施店で購入した人には、特典として“スペシャルシール”が全4種類の中から1枚プレゼントされる。

「クリエイターズ・ファイル」書籍化記念スペシャルイベント
日時:2016年9月23日(金) 13:00~15:00
会場:東京・東京ビッグサイト 「第23回 東京国際ブックフェア」内 大日本印刷ブース(ブースNo.10~20)
サイン会参加方法:イベント当日、大日本印刷ブースにて「クリエイターズ・ファイル」を購入した人に整理券を配布。整理券は予定枚数に達し次第、配布終了。

最終更新:9月15日(木)10時27分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。