ここから本文です

【TGS2016】カプコンブースは今年も凝ってる!とある仕掛けも隠されている模様

インサイド 9/15(木) 17:03配信

幕張メッセにて9月15日~18日にかけて行われている「東京ゲームショウ2016」に出展している「カプコン」のブースレポートを、写真中心にお届けします。

【関連画像】

カプコンブースでは『バイオハザード』シリーズ、『めがみめぐり』、『モンスターハンター ストーリーズ』、『囚われのパルマ』をテーマにしたプレイアブルゾーンが登場。どのゾーンもゲームの世界観の中で試遊を楽しむことができます。また、カプコンブースにはとある「仕掛け」が施されているとのこと。ブースに立ち寄った際は探してみてはいかがでしょうか。

『バイオハザード7』のゾーンには体験版に登場したような民家が。
PS4版の試遊はこの民家の中で行われるのですが、中はまるでお化け屋敷。試遊の際は心してどうぞ。

あの「ファミパンおじさん」がシャベルを持って登場。パンチどころでは済まなさそう…。

『バイオハザード』関連では、その他にも「L’Arc~en~Ciel」とのコラボ作品や実写映画、CG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」なども。昨年に引き続き、エアガンを使用したシューティングレンジもあります。

『めがみめぐり』のゾーンは、交通系ICカードとの連動が可能な作品ということで駅や電車がモチーフ。電車の座席のような試遊台が用意されています。

『囚われのパルマ』ゾーンには女性たちの長蛇の列が。試遊台は面会シーンをイメージ。

『モンハンストーリーズ』ゾーンではシアター&試遊を実施。こちらも列が途切れることがなく、盛況でした。

最終更新:9/15(木) 17:03

インサイド