ここから本文です

オリックス吉田正、首位落とすデス弾 混パ陰の主役

日刊スポーツ 9月15日(木)8時1分配信

<日本ハム1-11オリックス>◇14日◇札幌ドーム

 パ・リーグ首位を恐怖のどん底に突き落とす…。まさにデスバットだ!? オリックスのドラフト1位吉田正尚外野手(23)が2本塁打を含む3安打6打点と大暴れし、日本ハムを首位から陥落させた。吉田正は8、9日のソフトバンク戦でも同点弾、決勝弾と2試合連発。9日に首位だったソフトバンクを2位に陥落させた。最下位チームで堂々と3番を務めるルーキー大砲が「首位いじめ」弾を量産し、2強を苦しめている。

【写真】オリックス糸井FAも CS消滅で今後を検討へ

 今度は札幌で「デスノート」ならぬ「デスアーチ」が飛び出した。吉田正は1回1死一塁で、147キロ直球をフルスイング。流し打って左翼席に飛び込んだ。先制8号2ラン。日本ハムを首位から引きずり下ろす決勝弾となった。

 「しっかりと捉えることができた。狙ったというわけじゃなく、強く振ったら逆方向に飛んだ」

 6回は適時打で有原をKOに追い込み、7回は斎藤のフォークを右中間席中段へとどめの9号3ランだ。

 同点弾と決勝弾を放った8、9日の大阪でのソフトバンク戦に続き、強烈な上位いじめ。「そういう意識はないですけど…。まだ自分のデータもないと思うし、相手に嫌がられる存在になりたい。必死です」。9本中5本を上位2チームから放っている。

 開幕スタメンも腰痛で4月24日に離脱し、8月12日の復帰後は28試合で9本塁打。驚異的なペースで量産している。要因には失敗の大切さを挙げる。

 「アマと違ってプロでは次の試合がすぐに来る。ダメだった自分の感覚を大事にして、次に生かしている」。成功体験を自信にする通常のルーキーとは正反対の考え。試合後は映像で凡打の打席も確認している。前日13日は大谷に無安打。「ここ2試合タコってたんで良かった」と好結果につながったことを喜んだ。

 中1で右肘手術の経験があるが、他には大きな故障がなかった。だからプロ1年目の4カ月離脱は悔しい。「最後まで1軍で出続けることが目標」と控えめだが、今や打線の中軸となった。4番T-岡田が「自分の本数(19本)を抜かれないように頑張る」と先輩を刺激する存在に成長した。

 青学大では大学日本代表の4番。現阪神高山、現楽天茂木の新人王候補を従え、クリーンアップの真ん中に座った。そんな強打者が次世代のスター候補生に躍り出た。今日15日までの日本ハム3連戦が終われば、1日置いて17日からソフトバンク3連戦。「大学の時から1本出ればどんどん出るタイプなんで」。CS進出が消えた最下位ながら、2強にとって脅威の存在となってきた。【大池和幸】

 ◆吉田正尚(よしだ・まさたか)1993年(平5)7月15日生まれ。福井市出身。敦賀気比高(福井)では1年春からレギュラーで、同夏から4番。甲子園は1年夏が2回戦敗退、2年春に8強。高校通算52本塁打。青学大では1年春から出場。4年秋は東都大学リーグ2部で3冠王。大学通算17本塁打。15年ドラフト1位でオリックス入団。173センチ、80キロ。右投げ左打ち。

 ◆大学ジャパン4番 15年8月26日のU18W杯壮行試合に大学日本代表の4番左翼で出場。オコエ、平沢、清宮らの前で、貫禄の2打席連続本塁打。視察のヤクルト小川SDは「アマチュアではバッティングはNO・1」と評価した。

 ◆イチローに興奮 1月23日の新人合同自主トレにイチローが現れた。吉田は「足は大丈夫かと声をかけてもらった。スイングと飛距離がすごい」と驚いていた。

 ◆驚異の柵越え率6割! 新人合同自主トレ初の屋外ロングティー打撃で、50スイング中、30本が柵越え。パワーを見せつけ「大学と違ってプロのボールはきれいでよく飛びますから。外で打つのは音も響くし、気持ちいい」。バットは本番用より重い950グラムの練習用だった。

 ◆プロ1号 8月18日、日本ハム増井の149キロをフルスイングで右翼席ぎりぎりに届けた。「詰まりましたね。速い真っすぐに反応できたのは良かった。自信になる」。開幕スタメンも4月下旬に腰痛で離脱。8月12日に復帰後6試合目、通算101打席目で出た1発だった。

 ▼吉田正が1回に先制2ラン、7回にダメ押し3ラン。8月27日楽天戦に次いで、今季2度目の1試合2本塁打。新人がマルチ(複数)本塁打を2度以上は03年村田(横浜=4度)以来で、パ・リーグでは90年石井(近鉄=2度)以来26年ぶり。これで9月に入って5本目。ルーキーの月間5発は10年7月長野(巨人)以来で、パでは94年8月小久保(ダイエー)以来。新人の月間最多本塁打は03年9月村田の10本。吉田正は何本打てるか。

 ▼吉田正は6回に適時打を放っており、1試合6打点。新人の1試合6打点以上は8月25日高山(阪神)に次いで今季2人目。パでは06年3月29日炭谷(西武)以来。

最終更新:9月15日(木)13時31分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]