ここから本文です

先に300食完売で勝利 「釜玉うどん」と「越前おろしそば」全麺対決 香川

産経新聞 9月15日(木)7時55分配信

 ■18日、丸亀城大手門広場で

 江戸時代までに築造された天守を持つ香川県丸亀市と福井県坂井市が特産品のうどんとそばで対決することになった。題して「全麺対決」。18日に丸亀城大手門広場で「釜玉うどん」と「越前おろしそば」をそれぞれ販売し、先に300食を完売した方が勝ちとなる。

 丸亀市観光協会が行う街のにぎわい創出イベント「丸亀城シルバーフェスタ」の一環。丸亀城のある丸亀市は、丸岡城を有する坂井市とともに、天守を持つ都市同士の連携を図る「現存12天守PRプロジェクト」に加盟している。今回の対決は、共に麺が特産品の坂井市から持ちかけられたという。

 対決は午前10時スタート。両市の職人がその場で麺を打ち、1食300円で来場者に販売する。食券には通し番号が振られ、ステージ横に設けた掲示板で、販売数を随時張り出し臨場感のある対決を楽しめる。

 また、甲冑(かっちゅう)姿で坂井市ゆかりの武将を紹介するコーナーや「三年子花らっきょ」や越前織などの特産品販売、丸亀城鉄砲隊による砲術実演、ご当地アイドルのステージなども行われる。問い合わせは丸亀市観光協会(電)0877・22・0331。

最終更新:9月15日(木)7時55分

産経新聞