ここから本文です

【セントライト記念】ディーマジェスティ 菊花賞の前哨戦でも本気!

デイリースポーツ 9/15(木) 6:04配信

 「セントライト記念・G2」(18日、中山)

 皐月賞馬が必勝態勢だ。14日、美浦Wで最終リハを行ったディーマジェスティが、素晴らしい瞬発力を披露。万全の仕上がりをアピールした。最後の3歳クラシック1冠・菊花賞(10月23日・京都)へ向け、きっちりと前哨戦Vといく。

 鋭く研いだ牙をチラリとのぞかせた。美浦Wで僚馬2頭を10馬身近く追走したディーマジェスティは、馬なりのまま直線で極上の加速を披露。中ショウナンマルシェには1馬身届かなかったが、外ギブアンドテイク(ともに5歳1000万下)には併入し、驚異的な猛追劇を見せてフィニッシュした。

 全く無理をすることなく5F65秒6-36秒7-12秒8。2週連続でまたがった蛯名は満足げに口を開く。「1週前の時点でいい感じだったから。きょうは先週よりも余裕を持たせて、前に並べる程度で」。順調だからこそ、もはや負荷をかける必要はなし。「リフレッシュして元気。充電してきたかな」と無事に夏場を越し、丸みを帯びた皐月賞馬に熱い視線を送った。

 「いい?と聞いたら“はい”と答えていたよ」。ジョッキーとの短い会話を振り返った二ノ宮師も、出来には自信を持つ。「爪の弱い血統で夏場は接着装蹄だったけど、今はもう問題ない。体重は変わらないけど、筋肉が付いて非常に落ち着いている」と申し分ない気配に目を細めた。

 皐月賞を制し、ダービーは3着。主戦は鋭い視線で3冠最終戦を見据える。「3000メートルは心配ない馬。まずはいい形で本番へ行ければ」。堂々主役として、いざ淀の舞台へ向かう。

最終更新:9/15(木) 8:12

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。