ここから本文です

メッシは16歳の頃から化物だった…バルサOBジュリ「トレーニングを“破壊”した」

GOAL 9月15日(木)19時31分配信

元フランス代表ウィンガーで、バルセロナなどでプレーしたリュドヴィク・ジュリ氏が、リオネル・メッシについて語っている。スペイン紙『スポルト』が報じた。

ジュリは2004年にモナコからバルセロナへ加入。当時最高のウィンガーの一人として加入したが、バルセロナで出会ったメッシの能力はすでに見たことがないレベルに達していたと話している。

「メッシは16歳にして、僕ら全員をトレーニングで“破壊”したんだ。皆馬鹿にされるのを避けるため、至る場所で彼を削っていた。でも彼は何も言わなかったよ。ただ練習を続けていたね。彼が行うすべてのプレーが危険だった。信じられなかったね。当時から4人をかわして、ゴールを決めていたよ」

「バルセロナでスタメンを張るCBでさえ、神経質になっていた。彼らでもメッシを止めるのは難しかった。彼はエイリアンだよ。僕ら全員を殺したんだ」

メッシはフランク・ライカールト監督時代にデビュー。当時から試合で才能を見せつけていたが、練習でもチームメートたちに恐れられていたようだ。

GOAL

最終更新:9月15日(木)19時31分

GOAL