ここから本文です

トッテナム、ウェンブリ―で敗れる レヴァークーゼンは2点差守れずドロー/CL

ISM 9/15(木) 17:13配信

 チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間14日にグループリーグ第1節の試合が行なわれ、グループEではトッテナム(イングランド)がホームでモナコ(フランス)に1対2と敗れた。レヴァークーゼン(ドイツ)はホームでCSKAモスクワ(ロシア)と2対2のドローに終わっている。

 本拠地「ホワイト・ハート・レーン」が改修により収容人数が限られるため、CLのホームゲームを「ウェンブリ―・スタジアム」で戦うトッテナム。15分にラメラのボールロストからカウンターを浴びベルナルド・シウヴァに先制点を奪われると、31分にレマーに追加点を決められる。45分にCKからアルデルヴァイレルトのヘッドで1点差に詰め寄るも、後半はポゼッションを効果的にチャンスに結びつけることができず。今季公式戦無敗のモナコに軍配が上がった。

 ロシア王者を迎えたレヴァークーゼンは、9分にオフサイドトラップをかいくぐったメフメディのゴールで先制すると、15分にチャルハノールが追加点を挙げる理想的なスタートを切る。しかし、36分にジャゴエフ、38分にエレメンコに立て続けにネットを揺らされ同点に。シュミット監督はハーフタイムにエルナンデス、チャルハノールに代えて好調ポーヤンパロとアランギスを投入する積極的な采配を見せるも、奏功せず。試合は2対2のドローで終わった。

 シュミット監督は「グループリーグを終えて勝ち点2が足りないことになれば、どこで失ったかはハッキリしている」とコメント。2点のリードを守りきれずに勝ち点2を失ったと嘆いた。(STATS-AP)

最終更新:9/15(木) 17:14

ISM