ここから本文です

船舶の津波避難対策を徹底…「対応シート」の説明会を開催へ

レスポンス 9/15(木) 10:49配信

国土交通省海事局では、船舶の津波避難対策の一環として公表した「津波対応シート」について、より多くの事業者に利用してもらうため、9月20日の神戸を皮切りに、全国で説明会を開催する。

[スケジュール]

津波対策について、国交省では、東日本大震災後、船舶の津波避難対策を検討し、その結果を踏まえ、2014年3月に「船舶運航事業者における津波避難マニュアル作成の手引き」を策定した。これに続き、昨年6月には「モデル的なマニュアル(簡易マニュアル様式)」を公表、今年7月15日には、中小規模の海運事業者が取り組みやすい「津波対応シート」を公表した。さらに9月1日には、日本に寄港する外国船舶も津波対応を円滑に実施できるよう「津波対応シート」の外国語版を公表している。

船舶の津波避難対策の一環として公表した「津波対応シート」の利用を促進し、多くの事業者にマニュアルの普及、作成を働きかけるため、説明会を開催する。

具体的には、9月20日の神戸を皮切りに、11月1日に関東、11月25日に近畿、12月6日に北海道と順次全国で開催していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/15(木) 10:49

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。