ここから本文です

競争激化の関西エリア、「関電ガス」が大阪ガスと全面対決へ

スマートジャパン 9月15日(木)15時10分配信

 2017年4月から自由化されるガス小売市場への参入を表明している関西電力。同社は2016年9月13日、ガス販売について岩谷産業、KDDIなど4社と業務提携すると発表した。販売するガスの名称は「関電ガス」。協業により顧客との接点を広げ、初年度(2017年度)はガス販売で20万件の顧客獲得を目指す方針だ。

 関西電力が業務提携を発表したのは、岩谷産業、KDDI、中央電力、ケイ・オプティコムの4社。全て小売電力事業で提携している企業であり、岩谷産業については、既に企業や工場向けのガス販売で提携済みだ。4社は自社顧客に対し、関西電力が販売するガスの提案を行っていく。

 2017年4月以降、ガスコンロやガス給湯器といったガス機器の定期検診などは、ガス小売事業者が担うことになる。関西電力はこうした自社でノウハウを持っていないガスの保安業務については、岩谷産業に加えて関電サービスと業務提携してカバーする。

 関西電力はガス販売について、顧客へのダイレクトメールの送付や電話、訪問も強化し、提案活動を進めていく。ガスの販売エリアは、当面大阪ガスと同じ京阪神地区となる見込みだ。

 電力の小売全面自由化では大阪ガスに顧客を奪われる側だった関西電力。今後はこれまで大阪ガスの独占市場だったガス小売市場で、巻き返しを図る。なお、初年度の獲得目標である20万件は、大阪ガスの2016年8月末時点の総顧客数(電気、ガス含む)の約2.8%に相当する。

最終更新:9月15日(木)15時10分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]