ここから本文です

【セントライト記念】プロディガルサン迫力満点!秋の飛躍誓う

デイリースポーツ 9月15日(木)6時4分配信

 「セントライト記念・G2」(18日、中山)

 最後の3歳クラシック1冠・菊花賞(10月23日・京都)へ向け、春は結果を残せなかった良血馬プロディガルサンも14日、美浦Wで迫力満点の動き。反攻の秋へ、虎視たんたんと大仕事を狙っている。

 ひと夏越して、大器が見違えるようにたくましくなった。美浦Wで僚馬サンマルティン(4歳1000万下)を6馬身追走したプロディガルサン。4角で手応え良く大外へ持ち出し、直線では軽快なストライドでウッドチップを蹴り上げる。最後は馬体を並べてフィニッシュ。5F66秒3-37秒9-13秒0をマークしたが、そのタイム以上に迫力満点の動きだった。

 国枝師は「好時計が出たけど、楽に動けていた。状態はいいよ」と満足そう。1週前にはG1馬ダノンプラチナと併せて互角以上の動きを披露。「この馬はケイコ駆けするタイプだけに、あのクラスの馬と併せられたのは良かった。競馬でも調教の動きができれば」と力を込めた。

 全兄は今年のドバイターフを制したリアルスティール。そんな血統背景から飛躍を期待される良血馬。順調さを欠いた春は結果を残せなかったが、この秋は違う。指揮官は「今回は希望を持ってレースを迎えられる」ときっぱり。逆襲の舞台へ態勢は整った。

最終更新:9月15日(木)8時10分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。