ここから本文です

【コンチネンタル TechRide】走行しながらタイヤの残り溝がわかる技術

レスポンス 9/15(木) 11:15配信

日本ではあまりなじみがないかもしれないが、欧州や米国では法規制もあり装着が義務付けられているTPMS(Tire Pressure Monitoring System)。コンチネンタルが開発中のTPMSは、走行中の荷重、タイヤの溝まで計測可能だという。

[関連写真]

TPMSは、通常タイヤのバルブユニットをセンサーのついたものに交換し、タイヤの空気圧、温度をリアルタイムで計測する。得られたデータから、タイヤの適正空気圧を管理することで、燃費改善、ライフの延長などが期待される。また、商用車なら運行管理、車両メンテナンスなどにも利用できる。欧州・北米に続いて中国でもTPMS装着義務化の動きがあるという。

コンチネンタルが開発中のeTISは、トレッド面の内側に10g程度のセンサーを取り付け、回転するタイヤが接地するときの圧力、時間を計測する。4輪のリアルタイムの接地圧または荷重が計測できると、それだけでさまざまな応用ができそうだが、同社はそのひとつとして、タイヤの溝がどれくらい残っているかを計算する方法を考えた。

どのようにして溝の深さを計測するのか。原理としては、タイヤが摩耗すると、ミリ単位であるが直径が変わってくる。それは、正確な走行距離とタイヤの回転数・速度の情報から計算できる。溝を直接測るのではなく、計算によって溝の負荷さを予測している。誤差はプラスマイナス1mmとのことだ。必要なデータは、GPSとCANから取得したデータを利用する。これに、実際のタイヤ荷重の値も使って、消耗のシミュレーションも行い、より正確な値になるようにしている。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:9/15(木) 11:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]