ここから本文です

【コンチネンタル TechRide】走行しながらタイヤの残り溝がわかる技術

レスポンス 9月15日(木)11時15分配信

日本ではあまりなじみがないかもしれないが、欧州や米国では法規制もあり装着が義務付けられているTPMS(Tire Pressure Monitoring System)。コンチネンタルが開発中のTPMSは、走行中の荷重、タイヤの溝まで計測可能だという。

[関連写真]

TPMSは、通常タイヤのバルブユニットをセンサーのついたものに交換し、タイヤの空気圧、温度をリアルタイムで計測する。得られたデータから、タイヤの適正空気圧を管理することで、燃費改善、ライフの延長などが期待される。また、商用車なら運行管理、車両メンテナンスなどにも利用できる。欧州・北米に続いて中国でもTPMS装着義務化の動きがあるという。

コンチネンタルが開発中のeTISは、トレッド面の内側に10g程度のセンサーを取り付け、回転するタイヤが接地するときの圧力、時間を計測する。4輪のリアルタイムの接地圧または荷重が計測できると、それだけでさまざまな応用ができそうだが、同社はそのひとつとして、タイヤの溝がどれくらい残っているかを計算する方法を考えた。

どのようにして溝の深さを計測するのか。原理としては、タイヤが摩耗すると、ミリ単位であるが直径が変わってくる。それは、正確な走行距離とタイヤの回転数・速度の情報から計算できる。溝を直接測るのではなく、計算によって溝の負荷さを予測している。誤差はプラスマイナス1mmとのことだ。必要なデータは、GPSとCANから取得したデータを利用する。これに、実際のタイヤ荷重の値も使って、消耗のシミュレーションも行い、より正確な値になるようにしている。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:9月15日(木)11時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]